忍者ブログ
SEO初心者から上級者まで、皆様に楽しめるSEO対策ブログを記事にしていきます。
[59] [58] [57] [56] [60] [55]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 日本初驚異のアクセスUPソフト「アクセスマシーンACCMA」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  http://kigyozyoho.sakura.ne.jp/su/accma 


  質問コーナー

───────────────────────────────
■質問コーナー
───────────────────────────────

質問

 今回のソフトでは何が一番の特徴なのでしょうか



答え

 バックリンクという考え方もあるのですが今回のソフトでは直接アクセス
 を流し込むという考え方であり、また更に、非常に簡単に誰でも操作できる
 ということが、一番の特徴になります



質問

 検索エンジンからスパム認定される危険性はありませんか?
 (これが一番心配です)



答え

 検索エンジンからはスパムなどはありません今回のソフトは検索エンジンは
 あまり関係有りません。少し違ったアクセスの使い方ですがやりすぎない程度に
 行っていただければ問題はありません。




質問
 1つのURLに2つ以上のキーワードを設定できますか?
 
答え
 バックリンクソフトとしてお使いいただくようであれば1回に1つのキーワードになります



質問
 キーワードを随時変更することはできますか?

答え
 バックリンクとしてお使いであればキーワードは変更していくことができます。




質問
 バージョンアップは、購入後可能でしょうか?
 下位グレードで利用してから、エンタープライズにバージョンアップは可能でしょうか。

答え
 
 はい大丈夫です



質問


 今月、ソーシャルブックマークに自動登録されるツールと
 中小検索エンジンに登録してくれるツールを購入しようと
 考えていたところです。

 御社のACCMAはそういった類のツールですか?
 それなら、ACCMAも魅力的なんですが、どうなんでしょう?


答え
 ACCMAは検索エンジンに登録するものではありませんがアクセスランキング
 などへは登録できます。登録するというよりは直接アクセスを促すタイプですので
 登録する系のソフトではありませんので中小検索エンジンへの登録であれば
 ヨミサーチ系の登録ソフトが弊社にもありますのでそちらのほうがいいかもしれません。




質問

 そこで質問なのですが、こちらのソフトは携帯サイト、PCサイト両方に使えるのでしょうか?


答え
 PCサイト用になります。



質問

 またできれば上位ソフトを使いたいと思いますが、予算の都合もあるので・・・。
 下位ソフトを購入後上位ソフトへのバージョンアップは可能でしょうか?

答え
 はい可能です。



質問
 そしてパーソナルとプロフェッショナルエディションについての質問ですが、
 ソフトを起動したらそのまま起動しっぱなしでいいのでしょうか?

 また複数設定する場合はどのように使うのが効果的など購入前ではありますが教えていただける
 範囲でお教えいただけませんでしょうか?


答え
 エンタープライズは単純に一気に複数稼働できるので例えば複数のURLのアクセスUPも可能となります。
 パーソナルでは1つのソフトですので1つのURLとなります。
 一度終了してからまた起動すれば他のURLでも可能となります


ACCMA
http://kigyozyoho.sakura.ne.jp/su/accma



質問

 また、今回のソフトは、今すぐ誰にでも簡単に使えます。
 そのように書かれていますが、これが気にかかります。



 
答え
 また簡単という部分ですがサーバ関係はいじらずに
 デスクトップでのアプリとしたので簡単だということです。




質問
 プロフェッショナルに
 「アクセスアップ自動化比率が3倍」とありますが、
 これはどういう意味でしょうか?
 「アクセス数が3倍」とは違うのでしょうか?


答え
 アクセス数が3倍ではなく同じソフトを3つ起動できるので3倍速く動きます


質問
■動作について

 ソフトはずっと起動しておく必要があるのでしょうか?
 その際は、他の作業を並行することは可能でしょうか?


答え

 起動しておく必要があります。
 他の作業が並行できるかはパソコンのスペックによって変わってくると思います。




質問

 ACCMAというソフトは
 G3とどのような点が異なるのでしょうか?



答え
 G3ではサテライトサイトをたくさん作りアクセスUPを行っていくことと
 たくさんのサイトを作ることで バックリンクを作ることができます。
 Accmaでは全く違う作りでサイトを作成などはしません。

 G3は相手からのアクセスを待つ形ですが
 Accmaではアクセスをどちらかといえば強引に起こす感じなので
 全く違う作りとなっています


 分かりにくい説明で申し訳ありません。



 ACCMA
 http://kigyozyoho.sakura.ne.jp/su/accma


 

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
最新コメント
[09/04 正義]
[05/21 NONAME]
[05/21 NONAME]
[12/16 携帯アフィリエイトオタク]
[11/10 NONAME]
プロフィール
HN:
KEN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
リンク